初めての方はご依頼の前にこちらをチェック!

発泡プリントTシャツ【ボコッと立体に】

発砲プリントのタイトル

インクがボコッと立体的に膨らむ「発砲プリント」。使い方次第で非常におもしろい表現が可能です。

T-bornスタッフ

発砲プリントはシルクスクリーン版さえあれば、オプション追加料金だけで使用することができます。

発砲プリントで立体的な演出を!

注意
画面の色味と実際は多少異なります。

発砲プリントとは?

発砲プリントはインクに発泡剤をまぜ、熱を加えることにより少し丸みを帯びた膨らみ方をします。

白いTシャツに明るい色でも目立たせることができる


上の画像は白いTシャツに発砲プリントをしたものです。
普通のプリントだと白も黄色も明るい色なのであまり目立たない組み合わせですが、
立体的な発砲プリントをすることで、少しエッジに影が付くので際立たせることができます。

発砲プリントの注意点

発砲プリントが不向きなデザインがあります。それは細かい表現。
インクが膨らむので、距離が近い細かい線などは潰れてしまいます。
細かいデザインは細部が潰れるので避けた方がいいでしょう。

発砲プリントの料金

基本プリント代にプラスすることで使用できます。

小版サイズ 大版サイズ 特大版サイズ
プラス80円 プラス80円 プラス80円
まとめ
ベタ面が多いロゴデザインやぷっくりとしたキャラクターなどであれば「発砲プリント」で強調させると一味違ったオリジナルTシャツができます。
もちろん、ポロシャツやパーカーなどにもプリント可能!ぜひこの機会にお試しください!

※発砲プリントを使用する場合は必ずスタッフにお伝えください。

ほかの特殊プリントが気になる方はコチラ

この記事が少しでも、皆様のオリジナルプリントの作成にお役に立てればと思います!

お問い合わせはコチラからどうぞ!

大阪・福岡でオリジナルTシャツの作成をお考えの方はぜひティーボーンで!

アクセス
大阪メトロ「堺筋本町駅」から徒歩1分!サンプルも豊富にご用意しております。アクセスはこちら

1 COMMENT

ディープマットを使った印刷物をレビューする|名刺印刷エンボスJPのブログ

[…] 従来のデジタル印刷の白は、用紙の地色に白が負けてちょっと弱々しい雰囲気の白になりがちでした。 当サイトの白印刷はインク自体の白色の強さに加え、白インクが紙の上にドーム状に盛られるため立体感があります。イメージとしてはTシャツプリントでたまにみかける発泡プリントのイメージでしょうか(T-born様HPより参照)。 発色と立体という2つの要素が重なり、他にはない特徴を生み出しているのです。 […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。